お役立ち情報 荷造りのコツから引越しのスケジュールまで。必見です。

引越基本コース ファミリー&単身引越し向け

スムーズな引越しには事前準備が大切。計画的に荷造りを進めていきましょう。

お客様の引越し準備について

引越をスムーズにすすめるためには、準備が一番大切です。 お客様が気持ち良く引越して頂く為に、引越準備に関するお約束事項はお守りください。 当日に慌てても取り返しがつかないので計画的に荷造りを進めていきましょう。
例えば

  • 荷物に、子供部屋(太郎)、南側6畳和室とか行先表示を必ずしてください。 表示がなければ、弊社現場作業員も、どこのお部屋へ持っていくかの判断が出来ません。
  • 大型家具等については、簡単な配置図を用意して頂ければOKです。 詳細レイアウトについては、現場にて相談、アドバイスはさせて頂きます。 指示は班長が責任をもってお伺いしますので安心してお任せください。

必ず行き先を書いておこう!

ブレックスではお運びできないもの

現金、通帳、印鑑、貴金属、動植物、美術品、骨董品、高価品(毛皮、高級バッグ等) 、箱詰めされていない小物類で、弊社が運搬に無理と判断した物

箱詰めの手順

  • 日常使う頻度の少ないものから順番に詰めてください。押入れ、物入れ等から整理していけば片付けやすいと思います。
  • 最後まで使用するものが、引越先では一番に必要となるので、 色違いのマジックで書き込むと分かりやすく便利だと思います。

普段使わないものは先に/最後まで使うものは後に

食器等、こわれ物の包み方、詰め方

こわれ物は、一つ一つ新聞紙などで包んで触れ合わないようにして小箱に入れてください。
エアーキャップ(クッション材)、食器専用紙は用意致します(有料)。

 
ふとん

 

そのままでOK!!行き先別にまとめておけばよりベターです。
当日フトン袋を持参して弊社で梱包します。 詰める前に汗などがつかないよう、手を洗います。もちろん新品フトン袋で、 防水使い捨てタイプです。

 
各種家具類

洋服タンス

引越当日、ハンガーBOX(洋服専用の吊り下げBOX)をお持ちいたします。 当社にて作業しますが、お客様に入れていただいても結構です。 リース箱(無料)なので新居にてタンスの中へ収納していただき、箱は作業スタッフが持ち帰ります。 ハンガーに掛かっている以外の物(ネックタイ、ベルト等)は梱包してください。 (分解、組立も特殊品以外はおまかせください!!)

整理タンス

引出しの衣類は入ったままでOK!!一部吊り上げ作業等で引き出しを出す場合もあります。 気になるお客様につきましては、全て箱詰していただいても結構です。

桐タンス

中身は全て梱包してください。 (材質がデリケートなのでタンスが歪む事があります)

 

中身は全て箱詰めに!

ベッド

ウォーターベットの水抜きはお客様にてお願いいたします。
(お買い求め店でご相談してください) 特殊品を除き解体組み立ては、当社で行います。

本棚、食器棚、鏡台、机

中身はすべて箱詰めしてください。(運搬の途中で横にする場合もあるので必ず箱詰してください)

 
電化製品≪電気工事の手配も別途料金にて承っております≫

冷蔵庫

運搬中に水が漏れる恐れがあるのでコンセントは引越の6時間位前には抜いておいてください。 コンセントが後ろにある場合は、ブレーカーを落とす方法もあります。 中身については、完全に空にしておいてください。 コンセントはコンセントは設置後2~3時間位で差してください。

洗濯機

中身は空にして何も入れないでください。

乾燥機

ホースの接続は基本的に当社で行います。 (特殊状況や付属部品が必要な場合など出来ない場合もあります)

エアコンの取り外しはスタッフにお申し付けください。

テレビ・ビデオ・ステレオ・パソコン

リモコンはお客様の手荷物としてください。購入時の箱があれば利用してください。 テレビ台の中身はすべて箱詰めしてください。配線は基本的にお客様で取り外し、取り付けをお願い致します。 ステレオラックの中身はすべて箱詰めしてください。 パソコンの内部データについては一切保証できません。 本体の梱包は当社スタッフで致します。

有料の場合

電子ジャー・トースター・ポット

小型電化製品類は新聞紙等で傷のつかないようにして大箱に入れてください。 蓋は場合によっては開いたままでも結構です。

照明器具

ワンタッチタイプは当社スタッフで行いますので、現状そのままで結構です。 (電気工事が必要な場合は別途受付致します)

◆電気製品の販売も廉価で行っていますので用命ください。

 
暖房器具

灯油を使用する暖房器具は必ず灯油を抜いてください。
タンクの底にも灯油が残っているため、空焚きするか抜き取るようにしてください。
灯油が漏れてほかの荷物に付いてしまう恐れがあります。

 
額縁・花瓶類

額は、この機会に早めに外してお掃除し、ひとまとめにしてください。 美術品についてもまとめておいてください。 高価品については、別途保険加入が必要です。

 
植木

前日より水をやらないでください。たくさんの場合は古ダンボールをご用意いたします。 観葉植物など枝の広がりのある物は紐等で軽く縛ってください。尚、葉が落ちたり茎が曲がったりする場合もあるので事前了承頂けるものは運搬できます。

 
靴・傘

靴は箱詰めしてください。傘は一まとめにして根元と先の二ヶ所をくくってください。

 
自転車・物干台・竿

最後に積み込みます。当社スタッフと確認をしてください。

 

ページのTOPへ戻る